カテゴリー「2:ホームページ運営上の問題」の記事

リンクお願いします。(無断リンク問題4)

無断リンクの問題をいろいろ考えてきましたが、この記事で結論を書こう。

自社のサイトに他のサイトからリンクされること(被リンク)は、
基本的に大歓迎されることである。

このことは、今日、ウェブ管理者なら常識である。
熱意あるウェブ管理者なら、リンクされるのを待つだけでなく、積極的に、

優良な被リンクをいかに増やすかに心を砕き、日々努力している。

それはなぜか。なぜ被リンクが大切なのか。もう一度おさらいしてみよう。

①個人サイトはともかく、企業サイトはアクセス数が成果の重要なバロメーターである。
②アクセスは、検索エンジンを含むすべての被リンク元からしかない。

③現在最も重要な被リンク元は検索エンジンであり、大多数のアクセスはこの経路からくる。
④検索結果のランクはアクセスされるかどうかに決定的に重要だ。
⑤ページの人気が高いほど、高ランクをつけるという仕組みになっている。
⑥人気度のバロメーターは、被リンク数を基本としている。

企業サイトを公開し、それによって何らかの成果を望むなら、
好感を持たれるサイト、情報価値のある内容のサイトにしなければならない。
それによって、他のサイトからリンクされる可能性が高くなります。

まったく想像もしなかったようなサイトからリンクされれば、
想像もしなかったような市場の顧客をつれてきてくれる可能性があります。

アンゾフ・モデルは製品/市場マトリックスでシンプルにマーケティング戦略を示した古典ですが、その中の「新市場開発」に最も適したのがウェブマーケティングなのです。

ウェブサイトを使って、自社製品・サービスの新しい市場、新しい顧客を探し、
育成することこそウェブマーケティングの目標です。

この目標に照らしたとき、「リンクは事前に連絡を」とか「無断リンクお断り」とかの
判断は大きな誤りであることは明らかです。
被リンクは大歓迎する。これが基本中の基本です。

ホームページの人気投票に一票入れてもらったと考えること。
(署名なしの投票はお断りですか?)


| | トラックバック (0)

WWWは理念のもとに生まれた(無断リンク問題3)

ウェブページのリンクおよびその他の利用についてというすばらしいサイトに
WWWの創始者であるティム・バーナー・リーの著書の引用がされています。
貴重な情報ですから、再引用させていただきます。(深謝!)

WWWは、自然に生成したものでもなければ、偶然のアイデアでもない。
ティムの明確な理念のもとに生み出されたのです。

----------------------------------------------------------------
Webは、その証券取引、調査、ネットサーフィンといった多様な側面のおかげで、すでにかなりの程度まで私たちの生活の一部になりきってしまっている。このように身近な存在であることが裏目に出て、皮肉なことに、Webとは何であるかがよくわからなくなってしまっているのである。最も幅広く、深い意味合いにおいて Webとは何かを理解しようとするなら、すなわち私や私の仲間たちが共有しているヴィジョンに参加しようとするなら、Webがどのようにしてこの世に現れたのかを知る必要がある。(p.11)

私はすぐに、今生まれようとしているプロジェクトにつける名前について考え始めた。... もうひとつの選択肢はThe Information Mine (情報鉱山) だったが、 ... 鉱山という考えは必ずしも的確ではなかった。... これは単に情報を掘り出すだけで、そこに情報を蓄積する意味を表現していなかった。 (p.36)

私が構想していたのは、自分の知識や考えを共有させることが、他人の知識を学ぶのと同じくらいに容易であるようなシステムであった。... すべての文書をある意味で「等価」にすることもまた不可欠である。システムはユーザーを制約してはならない。どの文書についても、それがたまたまどこに保存されていようと、同じようにたやすくリンクできるようになっていなければならない。(pp.49-50)

Webの背景をなす基本的な原理は次のようなものである。どこかの誰かが、ひとたび文書、データベース、画像、音声、動画あるいはある程度までインタラクティブな画面を準備したなら、もちろん使用許諾の範囲内のことだが、いかなる国のどのようなコンピュータを使っている誰もが、この画面に対してアクセス可能でなければならない。そして、ほかの人たちが見つけることができるように、リファレンスすなわちリンクをつくれるようにしなければいけない。(pp.53-54)

Webは技術的な創造物というよりは社会的な創造物である。私はWebを技術的なおもちゃではなく、人々の共同作業の手助けとなるような社会的効果を生むものとして設計した。Webの最終目標は、世界中に散らばっている私たちが織りなしている網の目のような存在を支援し、改善することである。(p.156)

文書や人などあらゆるものを参照できることこそが、言論の自由という基本的人権そのものなのである。ハイパーテキスト・リンクを使った参照は効率的ではあるが、参照以外の何ものでもない。(p.174)

いったん公開されてしまったら、世の中にその情報のアドレスが出回ったことについて不満をいうことはできない。(p.175)

Tim Berners-Lee著, 高橋徹監訳 『Webの創成 World Wide Webはいかにして生まれどこに向かうのか』 毎日コミュニケーションズ, 2001. (ISBN4-8399-0287-9)
原著: Tim Berners-Lee, Weaving the Web: The Past, Present and Future of the World Wide Web by its Inventor. London: Orion Business Books, 1999. (ISBN0-75282-090-7)
-----------------------------------------------------------------

WWWは人類の公共財。WWW上にあるコンテンツも人類の公共財です。

コンテンツの著作権は守られるべきですが、誰にでもあまねく利用されるためにWWWに公開することを忘れてはいけないと思います。世界の誰とでも「つながることができる」公共財を無料で利用できるのですから。

大切なことだと思いますから、繰り返します。

人類のもつ知的資産を人類全体で共有しよう。それができる仕組みがWWW。
WWWを利用することで、人類全体は加速度的に進歩するに違いない。

企業ホームページを公開するとは、人類の共有資産を増やす行為であり、
WWWのこの理念に同意したということです。


| | トラックバック (0)

無断リンクは失礼か?

ハイパーリンクはwww(ワールド・ワイド・ウェブ)の根幹アイデアであり、大発展した原因です。革新的な手段のために、既存の常識や秩序と相容れないところがあります。

その代表的な例が、無断リンクです。

リンクをはる「正しい日本語を守る会」で書かれている内容が当を射てるように思えますのでその部分を引用します

「無断リンク禁止」などと当然のように言っている人たちの頭の中では、リンクは「張る」ものなのではないかというように思える。「張る」という言葉は何やら「お互いに張る」「張力で引っ張られる」「がんじがらめになる」というような想像をかき立てる。

それどころか、実世界における「張る」という行為は、通常、双方合意の上で協力して行わないとできないことでさえあろう。つまり、いわゆる「相互リンク」だけが「張る」と書くに値するのである。一般的には、Web上のリンクは一方からだけの存在としてあるわけで、リンクされた側は、リンクされていることを知ることさえ困難だ。

もしリンクを「張る」ものだとすれば、勝手に張られるのは迷惑なシロモノだというような気がするのも分からないではない。普通に考えて、自分とこに「貼る」のは自分の勝手でできる行為であり、一方で相手のところとの間に何かを「張る」のは許可を要する行為だからだ。

どうやら、ハイパーリンクの仕組みを知らない人(世界の大多数の人)は、次のように考えているようです。

リンクを張るとは、現実の会社や家庭の建物の部屋に入り込み、印(しるし)を貼り付けるような行為。

こう考えていれば、無断リンクは失礼極まりない行為ということになるのは当然です。インターネットの黎明期から、wwwにかかわってきた私にとってはまったく意外。今日はじめて、この一般常識に気がつきました。(wwwオタクでした。)

こういう状況で、私ごときが「この常識は間違えてます」といってみても無力なことは知ってます。この常識が「リンクは自由にしてよい」となるのは、かなり時間がかかるでしょう。

ただ、WWWの概念を提唱したTim Berners-Lee(ティム・バーナー・リー)が延べたWWWの理念は、皆さんに知っていただきたいと思います。

Tim Berners-Lee, Weaving the Web: The Past, Present and Future of the World Wide Web by its Inventor. London: Orion Business Books, 1999. (ISBN: 0 75282 090 7)

| | トラックバック (0)

無断リンクは著作権違反か?

企業サイトでも、どこかの外部サイトにリンクを張ることは常識です。
リンク集などはその代表ですが、

特に、自社や自社製品について好意的に取り上げられたページは、
信頼性向上のために、ウェブ管理者ならぜひともリンクを張りたいところです。

この時、外部リンクを無断で張ることは、著作権違反になるのでしょうか?
著作権協会のサイトで著作権違反ではないと答えています
重要なのでこの部分を引用します。(これは著作権違反すれすれ?)

リンクとはホームページをほかのホームページに結び付ける機能をいい、ホームページに飛び先を書き込んで、それをクリックするだけで目指すホームページにジャンプできるようにすることを「リンクを張る」という言い方をします。リンクを張ることにより、他人のホームページにある著作物に容易にアクセスすることができるだけに著作権侵害とはならないかが問題となります。

結論を先にいえば、リンクを張ることは、単に別のホームページに行けること、そしてそのホームページの中にある情報にたどり着けることを指示するに止まり、その情報をみずから複製したり送信したりするわけではないので、著作権侵害とはならないというべきでしょう。

「リンクを張る際には当方に申し出てください」とか、「リンクを張るには当方の許諾が必要です」などの文言が付されている場合がありますが、このような文言は道義的にはともかく、法律的には意味のないものと考えて差し支えありません。ホームページに情報を載せるということは、その情報がネットワークによって世界中に伝達されることを意味しており、そのことはホームページの作成者自身覚悟しているとみるべきだからです。リンクを張られて困るような情報ははじめからホームページには載せるべきではなく、また載せる場合であっても、ある特定の人に対してのみ知らせようと考えているときは、ロック装置を施してパスワードを入力しなければ見られないようにしておけばよいだけのことではないでしょうか。

もっとも、クリックすることにより、他人のホームページ上の情報が自分のホームページのフレームの中に取り込まれるという形式のものであれば、話は別です。このような場合、自分のホームページの中に他人の情報を複製することになるので、複製権の処理が必要になってくるように思われますし、また取り込む情報が一部分であるならば不要な部分をカットしたということで同一性保持権も働く可能性があるからです。

特にリンク先が、個人サイトではなく、企業サイトの場合、
リンクされた企業サイトの管理人が優秀なら次のように考えるのではないでしょうか?

①被リンクの獲得がページランク上も重要であること。(基本的には歓迎する)
②被リンク先の動機はともあれ、そこから自社ページに誘導されるビジターも価値があること。
③被リンク先が、イメージダウンになるようなサイトの場合でも、リンクを削除依頼しても無意味なこと。
④上の場合、対抗手段として、該当ページを削除または修正して、非リンク元に無価値なページにすること。

いずれにしても、管理者として日常的に自社サイトの被リンク元をチェックする必要があります。もし被リンクがスパムサイトからなら、重大な被害を蒙る可能性がありますし、そうなれば、自社からのリンク先にも迷惑を及ぼすことにもなります。


| | トラックバック (0)

リンクを「張る」か、リンクを「貼る」か?

リンクを「貼る」のか、リンクを「張る」のか。どちらが正しいのだろう?

私はこれまで、リンクを「貼る」と書いてきました。タグを貼るという感覚です。
しかし、ハイパーリンクは、ページとページをつなぐ糸のようなものですから、
「張る」というのが正しいというご意見がありました。

経済産業省の公式文書でも「張る」を使っているようです。電子商取引に関する準則

「張る」か「貼る」かを考察したよいサイト。

Webとは元々クモの巣の意味であり、クモの巣のように世界に張り巡らされた情報網のことをWorld Wide Web(WWW)というのだから、そこから考えていけばリンクを『貼る』のではなく『張る』とするのも合点がいく。
このサイトの上の結論に同感しましたので、今後は「張る」と書くことにいたします。

| | トラックバック (0)

ハイパーリンクはwwwの基本であり思想だ。

ハイパーテキストはリンクタグひとつで、リンク先のページにジャンプできるという画期的な「発明」ですが、
その概念を1970年代に提唱したのはテッドネルソン。

このハイパーテキストを、インターネットで標準的に用いられているwww(ワールド・ワイド・ウェブ)に用いられているドキュメントシステムであるhtm言語にとりいれたのは、ティム・バーナズ・リー。

二人の先達によって、現在のWWWの大発展があります。まとめたものが私のサイトで紹介しています

誰でも自由に情報を探せるということは、人類史上の画期的大発展ですが、
その手段を、ハイパーリンクというシンプルなアイデアで実現したこと。すばらしい!

いまや星の数ほどもあるwww上のページを秩序立てている検索エンジン。
この検索エンジンはハイパーテキストがなければ実現しなかった。

見る人がリンクをたどって自由に情報をさがせること。これがwwwの基本であり、
ネット市民社会(情報の階級性がない社会)を形成する不文律だと思います。

検索エンジンのサーバーを日本国内にいまだに置けないという日本の実情は
市民社会の理念を実現するという大義より、既存の法律を優先するという
いかにも日本的な姿を象徴しているようで悲しい。

| | トラックバック (0)

ネットに店の悪口、どう対処?(プロバイダー責任制限法)

日本経済新聞(2009-5-11 16面 リーガル3分間ゼミ)に役に立つ記事がありましたので、ご紹介します。サイト運営者なら知っておくべき法務知識ですね。

ネットに店の悪口、どう対処?

四十代の大手美容室チェーン管理職。インターネットで自社の店名を検索したら美容室の接客態度をけなしたブログを見つけてしまった。個人の体験談のようだが、イメージダウンにつながりかねない。どう対応したらよいだろうか。
-------------------------------------------------
ネット上の悪口への最も簡単な対処法は、プロバイダー責任制限法に基づく削除請求を接続事業者に申し出ることだ。(注)しかし、それでは被害回復が十分でない場合は、刑事告発や民法上の不法行為として損害賠償請求も検討できる。
名誉毀損罪は刑法が定める罪で親告罪だ。人の名誉を傷つけ社会的評価を低下させた場合は、三年以下の懲役もしくは禁固、または五十万円いかの罰金に処せられる。ただ、次の三点を満たせば特例として罪に問われない。①内容に公共性がある②目的に公益性がある③内容が真実と証明できる----の要件をすべて満たす必要がある。③は真実でなくても、そう信じるに足る理由(真実相当性)あればよいとする判例がある。

記事にはポイントとして、以下の記述がある。
虚偽なら名誉毀損を問えるが、
①実体験に基づけば真実性があるとみなされる可能性大。
②悪意を満たすための言論には公益性は認められない。

(注)参考サイト
プロバイダ責任制限法対応事業者協議会のプロバイダ責任制限法関連情報WEBサイトの中の名誉毀損・プライバシー関係ガイドライン(PDF)がまず参考になります。

| | トラックバック (0)

ウェブ成約率は低い?

中小企業のIT活用マガジン「COMPASS」に連載されている「サイト活用Q&A」は
東海バネ工業の渡辺秀治氏が実践経験を基に書かれた、ためになるコラムです。愛読されている方も多いと思います。

本日配送された2008年冬号には、特に貴重な情報とアドバイスがありましたの全文を引用させていただきます。

------------------------------------------------------------
質問:
ウェブ経由の場合、詳しい情報を求めるだけで、成約に至らないお客様が多い。この点、苦労はないでしょうか?

渡辺氏の回答:
問合せに対する成約率は12%で、残り88%は成約に至らなかった
これがWebサイトをきっかけとした実績です。当社Webサイトは、バネに関することであればどんなことでもお任せくださいという一貫したポリシーをもって日々運営していますので、数字が物語るとおり、ご質問にあるようなお客様も数多くおられます。また、そういう対応に割く労力も決してすくなくありません。

しかし、そのようなお客様にも分け隔てすることなく、当社が持っている情報を可能な限り提供するという考えは全くかわっていません。そうすることによって、「バネのことなら=東海バネ」というイメージがお客様に伝わり、未来の成約につながるとの思いをもっています。

Webサイトで楽して、100%見込み客と出会えれば良いのですが、そんなにうまい話はありえません。特に当社は規格品や一般消費財を販売するサイトではなく、
お客様が困っていることを解決するWebサイトです。
冷やかし半分大いに結構。あらゆる問合せに真摯にコツコツ対応することで、潜在顧客を見込み顧客に、そして最終的にはお客様になっていただけるものだと考えています。
----------------------------------------------------------------

最高水準のウェブマーケティング企業でも成約率12%ということです。
これで、十二分に現在のビジネスになり、残り88%は将来の受注残だと考えていらっしゃいます。

冷やかしの問合せがほとんどで、いい受注につながらない」など、成約率が低いことをこばしている皆さまには、ご参考にしていただきたいと思います。

参考までにお伝えすると、問合せ率(全問合せ数÷全アクセス数)は2%程度と思われます。ですから、アクセス数に対する成約率=0.2%ということになります。


| | トラックバック (0)

集客手段としての小冊子無料提供は定石ですが

ホームページは販売ではなく、集客を目的とすべし。というのは、
今やホームページ業者でも常識になりつつあることは誠に喜ばしいかぎりです。

その集客手段として、魅力的な無料オファーを提供し、
顧客のアドレスを入手する方法も定石化しました。

私はウェブマーケティング研究のためもあって、
ホームページ作成業者が提供する無料小冊子は極力入手するようにしています。
(おかげで、毎日大量のスパムメールと、それに近いDMに悩まされています!)

今回、そのDMの縁で、▼の無料小冊子を申し込みました。

新規のお客様を3倍に増やす方法に興味のある方に・・・・
http://www.keiei.ne.jp/dir/stkm4961/inquiry.html?fid=10010425&pid=stkm4961&c=cl&l=fm_1
企業名から住所まで詳細に書き込むフォームに情報を入力しましたところ、
結局、次の内容の返信が来ました。

この度は経営コンビニよりお問い合わせ頂き、誠に有難うございます。
今回のお申し込みですが、規定の人数に達してしまいました。
大変申し訳ございません。また、次回のご応募をお待ちしております。

私は法律家ではありませんが、これはほとんど詐欺ではないでしょうか?
この会社への信頼感が大きく損なわれたことを、ご存知なのでしょうか?

信頼感を増し、受注に結びつけはずの有効な手段=無料提供も、
内容以前に入口で約束を破ると、不信感を増すだけの逆効果になってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大企業B2Bサイト運営の実情

今日、B2Bサイトは、潜在ユーザーから非常に役に立つ媒体であると評価されています。それは、日本ブランド戦略研究所が行なった「B2Bサイト調査2006・ITサイト編」で情報源と役立ち度を調査したデータでも示しています。

Bb0606_01_01

しかし、この事実はトップや社内で正しく理解されていないようです。中小企業だけかと思ったら、大企業も例外ではないことは非常に興味深いことです。次の記事からもよくわかります。

「B to B だからこそ Web サイトを活用しよう 」著者: 日本ブランド戦略研究所執筆:榛沢明浩 (2006年5月10日 11:00付)

以下にかなりの部分になりますが重要な記事ですから引用させていただきます。
----------------------------------------------------------------
企業サイトの場合、どうしても B to C 企業の方が多くの人の注目が集まり、アクセスも多くなる傾向にあります。・・・・・B to B 企業の人も、自社サイトをランキングで見かける機会がなく、メディアなどで取り上げられることも少ないとなれば、いきおい会社の中での注目度は小さくなります。その結果、サイトに配分される予算とスタッフも限られたものとなる傾向は否めない事実だと思います。

しかし、実は B to B サイトのビジネスへの貢献度は決して低くないのです。弊社の調査では、企業ごとにサイト利用率(ある会社の製品を購入した人のうち、どれだけの人が Web サイトを利用して情報収集をしたか)という指標を調べています。それによると、B to B 企業の方が、一般に B to C 企業よりもサイト利用率が高い傾向にあり、しかも上昇傾向にあります。・・・・・

このようになる背景として、潜在ユーザーの行動パターンの変化があります。Web サイトは、B to C 企業では多様な情報源の一つと位置付けられていますが、B to B 企業ではその企業に問い合わせをする前にあらかじめ Web サイトで下調べをしておく、というように、購入プロセスの一つに組み込まれています。

それにも関わらず、Web サイトに対する評価がなかなか高まらない原因として、先に述べたようなアクセス数に関わる問題のほか、B to B 商品ではユーザーがサイト上で購入などの直接的な行動を取ることが少なく、潜在ユーザーの問い合わせ行為があたかもサイトと独立して行われているように見えることが挙げられます。購入の意思決定には何人もの人が、時には組織を超えて関与していることも問題を複雑にしています。

企業の上層部の方が、昔の足で稼いだ営業の成功体験を持ち、しかも Web サイトをあまり使わない、という場合には更に Web サイトの重要性に対する認識が不足しがちとなります。

B to B 企業にとって重要なことは、Web サイトの貢献を改めて認識した上で、十分な投資を行うことであると思います。その上で、Web サイトから営業への導線をしっかりと作ることが重要となると思います。・・・・・・
-----------------------------------------------------------

先の記事で取上げたニールセン博士と、全く同様な指摘がなされています。この大企業におけるB2Bサイト運営の実情から得られる、中小企業B2Bサイト担当者にとって「貴重な情報」は、

潜在ユーザーの問い合わせ行為が、サイトと独立して行われているように思われていること。
B2Bサイトにおいては、企業の規模に関係なく対等なマーケティングを展開できること。大企業ではウェブサイトから営業への導線が構築されていないこと。

ということではないでしょうか?中小企業にはチャンスでがんばりがいがあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)