« ホームページ運営要点:キーワードの見直し | トップページ | 新規開拓はホームページで »

ホームページで問合せを獲得する確率的考え方

ホームページから問合せを獲得するためには、絶対に心得ておくべきことがあります。

貴社ホームページは訪れてくれるビジターに、貴社がどのように利用価値があるのか、わかり易く提示(プレゼンテーション)しなければなりません。そうでなければ、問合せしてもらえないでしょう。

でもそれには、ビジターが貴社サイトにできるだけ沢山来てもらう必要があります。全ビジターの中で、ほんの数パーセント(3~1%)しか問合せすることが期待できないからです。これはやむを得ないことです。経験的にも、統計的にも正しい事実なのです。

基準として、1つの問合せを得るために、50のアクセス(ビジター数)が必要だと考えておくのがよいでしょう。コンテンツがよければ問合せ率も高くなると期待できます。

このビジターは、どこから来るのでしょう。検索サイトで貴社に関連するキーワードリストからです。貴社にまったく無関係なビジターはほとんどいません。(これは見本市に出展した貴社ブースの入展者とみなしてよいのです。)アクセス数を毎日とって見ると、極めて安定しているのに驚くでしょう。どうしてそうなるのかまったく不思議です。神様が平均化しているとしか思えません!

アクセス数を増やすにも地道な努力が必要です。キーワードを見直し、キーワードでのランクをあげること。

これ以外のことに、はじめから費用と労力をかけるべきではありません。例えば、アクセス数さえ増やせばよいと、懸賞サイトや無料プレゼントサイトに登録することを勧める業者がいます。プレゼント目当てにアクセスする人は決して問合せなんかしません。詐欺まがいの、ひどい提案です。

社会的な出来事は確率的に起きるもので、それを基準にするのが正しい経営方法ですね。

新規開拓型ホームページ実践ハンドブック立志編で、やさしく解説しています。


|

« ホームページ運営要点:キーワードの見直し | トップページ | 新規開拓はホームページで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16060/1510143

この記事へのトラックバック一覧です: ホームページで問合せを獲得する確率的考え方:

» ホームページは作成・更新作業がネックだが、 [ホームページ戦略超入門 (企業ホームページの素朴な疑問に...]
中小企業にとってB2Bホームページで成果が出ると気付いていても、依然として、作成・更新ともに、担当者にとってハードルの高い仕事であることに変わりはありません。で... [続きを読む]

受信: 2004/10/29 17:19

« ホームページ運営要点:キーワードの見直し | トップページ | 新規開拓はホームページで »