« 企業ホームページ無料診断 | トップページ | 「ウェブ進化論」は必読書 »

ネット時代のマーケティング。「情報の先出し」とは?

「営業マンは断ることを覚えなさい」という目の覚めるような本を書いた人、石原明先生。彼は先生と呼ぶにふさわしい人。本質的で重要なことを、誰にも理解できるように説明できる人です。

先生の新しい本、「社長、小さい会社のままじゃダメなんです!」(サンマーク出版)も、中小企業の経営者には超おすすめです。この本の中では、企業サイトの機能についても実に的確に述べてあります。(以下、サワリの引用です。)

▼----------------------------------------------------------------
多くの経営者は、情報化社会になったと口では言っていても、この変化を正しく理解していません。
社長自身が変化を理解できていないから、いまだに「足で稼げ」とか「熱意が足りない」とか言って営業マンの尻をたたいてしまうのです。・・・(略)

誰も他社の営業マンの話など聞いていません。みんなネットで検索したり、資料請求をして、自分で判断して買っています。

今、必要なのは、情報の先出しです。インターネットというインフラがもう整った以上、これからは個人が調べたいと思ったときに調べやすい環境を作ったところが勝つのです。そして今はもうホームページがあるのは当たり前。

重要なのは「ホームページの質」です。ホームページを見たときに、お客様が知りたい情報がいかにわかりやすく載っているかどうかが勝敗を分けるのです。・・

逆に言うと、インターネットや広告で必要な情報の先だしをしていれば、そこから問い合わせしてきた人は、買ってくれる見込みの非常に高い人だといえるのです。

営業マンの出番はここからです。営業マンが嫌われるのは、望まれていないのに行くからです。でも、もっと詳しいことを聞きたい人のところに行けば、営業マンは嫌われるどころか「専門家」として歓迎されるのです。
----------------------------------------------------------------▲

インターネットというインフラが整った現在、個人が調べたいと思ったときに、
調べやすい環境を作った企業が勝つ!

これがネット時代のマーケティング=ウェブマーケティング。整理すれば、

「情報の先出し」で、見込み客が調べやすい環境を作る

マーケティングはビジネスプランと対になって機能するもの。という最も大切で、
基本的なことも、実にわかりやすく説明してあります。
ぜひ買って読んでください。(アフェリエイトをやりたくなりました!)

|

« 企業ホームページ無料診断 | トップページ | 「ウェブ進化論」は必読書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16060/8830307

この記事へのトラックバック一覧です: ネット時代のマーケティング。「情報の先出し」とは?:

« 企業ホームページ無料診断 | トップページ | 「ウェブ進化論」は必読書 »