« KomyMirrorのコミー株式会社  | トップページ | リンクを「張る」か、リンクを「貼る」か? »

ハイパーリンクはwwwの基本であり思想だ。

ハイパーテキストはリンクタグひとつで、リンク先のページにジャンプできるという画期的な「発明」ですが、
その概念を1970年代に提唱したのはテッドネルソン。

このハイパーテキストを、インターネットで標準的に用いられているwww(ワールド・ワイド・ウェブ)に用いられているドキュメントシステムであるhtm言語にとりいれたのは、ティム・バーナズ・リー。

二人の先達によって、現在のWWWの大発展があります。まとめたものが私のサイトで紹介しています

誰でも自由に情報を探せるということは、人類史上の画期的大発展ですが、
その手段を、ハイパーリンクというシンプルなアイデアで実現したこと。すばらしい!

いまや星の数ほどもあるwww上のページを秩序立てている検索エンジン。
この検索エンジンはハイパーテキストがなければ実現しなかった。

見る人がリンクをたどって自由に情報をさがせること。これがwwwの基本であり、
ネット市民社会(情報の階級性がない社会)を形成する不文律だと思います。

検索エンジンのサーバーを日本国内にいまだに置けないという日本の実情は
市民社会の理念を実現するという大義より、既存の法律を優先するという
いかにも日本的な姿を象徴しているようで悲しい。

|

« KomyMirrorのコミー株式会社  | トップページ | リンクを「張る」か、リンクを「貼る」か? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイパーリンクはwwwの基本であり思想だ。:

« KomyMirrorのコミー株式会社  | トップページ | リンクを「張る」か、リンクを「貼る」か? »