« 無断リンクは失礼か? | トップページ | リンクお願いします。(無断リンク問題4) »

WWWは理念のもとに生まれた(無断リンク問題3)

ウェブページのリンクおよびその他の利用についてというすばらしいサイトに
WWWの創始者であるティム・バーナー・リーの著書の引用がされています。
貴重な情報ですから、再引用させていただきます。(深謝!)

WWWは、自然に生成したものでもなければ、偶然のアイデアでもない。
ティムの明確な理念のもとに生み出されたのです。

----------------------------------------------------------------
Webは、その証券取引、調査、ネットサーフィンといった多様な側面のおかげで、すでにかなりの程度まで私たちの生活の一部になりきってしまっている。このように身近な存在であることが裏目に出て、皮肉なことに、Webとは何であるかがよくわからなくなってしまっているのである。最も幅広く、深い意味合いにおいて Webとは何かを理解しようとするなら、すなわち私や私の仲間たちが共有しているヴィジョンに参加しようとするなら、Webがどのようにしてこの世に現れたのかを知る必要がある。(p.11)

私はすぐに、今生まれようとしているプロジェクトにつける名前について考え始めた。... もうひとつの選択肢はThe Information Mine (情報鉱山) だったが、 ... 鉱山という考えは必ずしも的確ではなかった。... これは単に情報を掘り出すだけで、そこに情報を蓄積する意味を表現していなかった。 (p.36)

私が構想していたのは、自分の知識や考えを共有させることが、他人の知識を学ぶのと同じくらいに容易であるようなシステムであった。... すべての文書をある意味で「等価」にすることもまた不可欠である。システムはユーザーを制約してはならない。どの文書についても、それがたまたまどこに保存されていようと、同じようにたやすくリンクできるようになっていなければならない。(pp.49-50)

Webの背景をなす基本的な原理は次のようなものである。どこかの誰かが、ひとたび文書、データベース、画像、音声、動画あるいはある程度までインタラクティブな画面を準備したなら、もちろん使用許諾の範囲内のことだが、いかなる国のどのようなコンピュータを使っている誰もが、この画面に対してアクセス可能でなければならない。そして、ほかの人たちが見つけることができるように、リファレンスすなわちリンクをつくれるようにしなければいけない。(pp.53-54)

Webは技術的な創造物というよりは社会的な創造物である。私はWebを技術的なおもちゃではなく、人々の共同作業の手助けとなるような社会的効果を生むものとして設計した。Webの最終目標は、世界中に散らばっている私たちが織りなしている網の目のような存在を支援し、改善することである。(p.156)

文書や人などあらゆるものを参照できることこそが、言論の自由という基本的人権そのものなのである。ハイパーテキスト・リンクを使った参照は効率的ではあるが、参照以外の何ものでもない。(p.174)

いったん公開されてしまったら、世の中にその情報のアドレスが出回ったことについて不満をいうことはできない。(p.175)

Tim Berners-Lee著, 高橋徹監訳 『Webの創成 World Wide Webはいかにして生まれどこに向かうのか』 毎日コミュニケーションズ, 2001. (ISBN4-8399-0287-9)
原著: Tim Berners-Lee, Weaving the Web: The Past, Present and Future of the World Wide Web by its Inventor. London: Orion Business Books, 1999. (ISBN0-75282-090-7)
-----------------------------------------------------------------

WWWは人類の公共財。WWW上にあるコンテンツも人類の公共財です。

コンテンツの著作権は守られるべきですが、誰にでもあまねく利用されるためにWWWに公開することを忘れてはいけないと思います。世界の誰とでも「つながることができる」公共財を無料で利用できるのですから。

大切なことだと思いますから、繰り返します。

人類のもつ知的資産を人類全体で共有しよう。それができる仕組みがWWW。
WWWを利用することで、人類全体は加速度的に進歩するに違いない。

企業ホームページを公開するとは、人類の共有資産を増やす行為であり、
WWWのこの理念に同意したということです。


|

« 無断リンクは失礼か? | トップページ | リンクお願いします。(無断リンク問題4) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16060/46050394

この記事へのトラックバック一覧です: WWWは理念のもとに生まれた(無断リンク問題3):

« 無断リンクは失礼か? | トップページ | リンクお願いします。(無断リンク問題4) »