« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

出版革命! AMAZONのKINDLE

岩元貴久さんのブログに注目すべきことを書かれています。
これを読むと、極めて近い将来、「出版革命」が起こるのは必然に思えます。
インターネットならではの素晴らしい商品です。ほしくなる商品とはこういうものです。

「今一番お気に入りのガジェットは?」の記事

2009年に購入したガジェットの中で、一番期待以上でかつ満足度が高いものはAmazon.comのKindleです。

Earthsbiggestselection450px__v25124

「出版革命が起きている」

例えば車の雑誌。

車の雑誌と言えば、試乗レポートが主要なコンテンツです。

これが電子ブックリーダー上でエンジンの音、タイヤのきしむ音を轟かせながら、動画で見れて、テキストでレポートが詳しく書いてある。

紙媒体よりもはるかに臨場感のある情報になりますよね。

インターネットの登場によって、わたしたちは既存の紙媒体にある情報コンテンツに、何か足りないものを感じている。インターネットで得られる情報とは、また別の付加価値を紙媒体の書籍や雑誌が提供できない限り、電子ブックがこれから大きな市場を掴む可能性は否定できません。

そして、今その新しい出版時代に君臨できるプレイヤーとしては、アマゾンをおいて他にありません。

ちなみにアップル社が今度発表するかもしれない新型のタブレットコンピュータですが、これも電子ブックリーダーを搭載するかもしれないと言われています。

テクノロジーの発達、ソフトアプリケーションの精緻性が向上していく中で、電子ブックリーダーが紙媒体に置き換わる。これは、先の話ではなく、今、現実に起っているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »