« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

タブレット型PC「Microsoft Courier」

本日(2010/5/28)、iPadが日本で発売開始されましたが、Microsoftも考えてます。
builderMicrosoft Courierのインタラクションパターンタブレット型PC「Microsoft Courier」の記事がありました。

昨年の秋にネット各地で話題になった Microsoft 製のタブレット PC 「Microsoft Courier」。小型パソコンというよりかは、電子化されたジャーナル/ノートという印象があります。今月に入っていよいよスペックや発売される時期の噂も出初めており、Engadgetの記事で詳細を読むことが出来ます。まだ Microsoft の公式発表ではないので、分からないことが多いものの、他のデバイスにはない興味深いインタラクションが幾つか盛り込まれているという点でも注目です。

▲Microsoft Courier

iPad、KindleそれにこのCourierが出揃って「タブレット型PC」のイメージが見えてきました。これらには従来の印刷物やマスメディアのコンテンツからでは得られない「もの」があります。消費者をわくわくさせるような魅力的な何かが感じられます。

Wifi+タブレットPCの市場が今後5年で爆発的に成長するのではないでしょうか?
5年後、新聞・出版は大きく変わっていると予想します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Youtube(習作2)

YouTubeにスライドショウを投稿してみようと思いつき、あれこれ試行錯誤の結果、
実際に投稿できたのが上の動画です。

YouTobeで初期初期設定の「360P」解像度で、高解像度感のあるスライドショー
を作りたかったので苦労しました。今のところ私の技術ではこれが精一杯です。

以下にどのように作成したかをメモとして残します。ご参考になれば幸いです。

■①まず元のスライドショウの作成ソフトです。
スライドショーを簡単に作成できるソフトは無料でもたくさんあります。例えばWindowsフォトストーリー、GooglePicasa などです。作成したスライドショーをPC上で実行する場合はどれで作成しても大差ありませんが、YouTubeに投稿してみると大抵のものは解像度の低さにガッカリしました。一時は「Youtubeはおもちゃ」だと決め付けてこのプロジェクト(?)を投げかけました。結論からいえばPicasaで作成するのがよい。まずまずの結果が得られます。

PhotostoryとPicasaはどちらも「.wmv」で書きだします。.wmvはもちろんYoutubeで受け付けるファイル形式ですが、アップロードするとYouTubeが統一したファイル形式に変換して保存するようです。この変換する時の「相性」がPicasaのほうがよいからではないでしょうか?(YouTubeがGoogleの子会社のためコーデングを最適化できる?)

■②原稿の画像サイズについて
Youtube動画のアップロードを最適化するはHDについて解説してます。高画質は魅力的ですが、まだHDはユーザー側で実用的とは言えないです。(480Pが限度か?)実用的には動画の作成と活用が参考になります。

中でもお勧めのフォーマットは、640x480 の解像度で MP3 オーディオを使用する MPEG4 (Divx、Xvid) です。アップロードする前に動画をこれに合わせてサイズ変更しておくと、YouTube で再生した時にきれいに見えます。アップロードする前に動画をこれに合わせてサイズ変更しておくと、YouTube で再生した時にきれいに見えます。

今回の「習作」用の原稿画像サイズは「800×600px」にしました。YouTubeで通常表示される「480×360px」では縮小表示になります。通常の360pだけでなくより高画質な480Pでの再生も可能になると考えたからです。(640×480でも可能になるのかも確認してません)

注)Picasaでは原稿サイズが異なっていても、自動的に出力サイズに縮小してくれます。ただしどのように縮小されたのかわからないので、出力サイズに合わせたサイズに縮小した最適画像をまず作成しました。

■③Picasaでスライドショウを作るのは簡単。
原稿さえ揃っていれば、Picasaでスライドショウはあっという間に作れます。デザインできる自由度は低いですが、「センス」がいいので手軽に作るには充分ではないでしょうか。これで出力がYouTubeが推薦している「mp4」でできればいうことがありません。(これはWindowsの標準プレーヤーであるメディア・プレーヤーを意識しているのでしょう。.mp4はサポートしていません) 出力サイズは「800×600px」です。20枚ほどの画像で28MBほどもの容量になりました。

■④YouTubeにアップロードする。
youTubeのよればアップロード出来るファイルは「長さが 10 分未満、サイズが 2 GB 未満、かつ適切な形式であること」。クリップが3つの画像の中からしか選べないのはツラいですが、公共性という観点からはやむをえないところでしょう。実際のアップロード作業は非常に簡単です。

■⑤SEO的な観点から
動画の「タイトル・説明文・タグ」がメタタグの役割を果たすようですから、重視したほうがよさそうです。これからどうするか考えます。説明文にリンク先を記述しても外部リンクとしての効果はないということのようです。(これももっともな処置だと思えます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nifty投票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »