« リスティング広告の配信対象外サイトに「アービトラージサイト・データベース」 | トップページ | Yahoo!検索は問題だらけのエンジンだった。やっぱりね! »

Yahoo!JapanがGoogleと提携

2010年7月27日は日本のウエブ史に残る重要な日になりました。
Yahoo!Japanが再びGoogleと手を結ぶとは、全く意外な展開。驚いた!

こうなったら、関心はただひとつです。
Googleの検索順位は、Yahoo!Japan検索に「色付け」なしで表示されるのか?

両者のプレスリリースを読むと、「Yes」のように私は読めます。
確かな情報が欲しい。実際に稼働し、画面表示されるまで誰もわからないかな?


Googkeプレスセンターの記事
「Yhoo!JAPANのより良い検索と広告サービスのために」
の引用

ヤフー株式会社は、Google が日本国内で最も速く、最も先進的であると自信を持つ検索技術を利用者に提供できることになります。これに加え、ヤフー株式会社はオークション、ショッピング、知恵袋といったコンテンツを Google の日本語の検索結果に加えられるように提供します。これにより、双方のサービスは一層充実し、効果を増大させることができます。

ヤフー株式会社は Yahoo! JAPAN のサイト上で、自身のユーザー向けにフィットするように、Google の検索サービスをカスタマイズして検索サービスを提供することが可能です。これは Yahoo! JAPAN のサイト上で検索サービスがどのような外観になり、利用者がどのように検索を体験できるかといったことも含まれます。その結果、利用者は Yahoo! JAPAN のサイト上で、引き続きGoogle のサイト上とは違う体験をすることができると考えられます。 (太字は筆者)

Yahoo!JNプレスリリース「Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について」によれば、

検索サービスにおいて使用している「検索エンジン」と、「検索連動型広告配信システム」をGoogle Incのエンジンおよびシステムに切り替えることに決定いたしました。

Yahoo! JAPANの人気のあるコンテンツはそのサービス上にそのまま残ります。下図のうち、本件により影響を受けるのは、ウェブ検索結果の表示に必要な検索エンジン部分と検索連動型広告の表示に必要な配信システムの部分のみです。

S0727a

もし、Googleの検索順位がそのままYahoo!Japanに反映されるのなら、
ウエブ管理者は恣意的とも思える検索結果に悩まされずにすむようになります。
枕を高くして眠ることができますね。

▼こちらの記事が参考になります。
Yahoo!JAPANと米Googleの提携 雑感

■2010/7/30追加
SEMリサーチの解説記事から引用。

①米国でのYahoo!同様に、検索結果のUIはヤフーがコントロールし、バックエンドをGoogleが担当する。従って、自然検索結果はGoogleと同等になる一方で、外観はヤフー独自のものが採用されることになる。検索"サービス"はヤフーが開発、検索"エンジン"はグーグルが担当、という意味だ。同社の強みである、オークションやショッピング、知恵袋といった独自の編集コンテンツの結果は、Googleの検索結果に統合して表示されるようになる。

②さて、問題は今回のYahoo!JAPANへのGoogle検索エンジン提供が、Googleのどこまでの検索結果セットを含むかが。これは公式発表資料を見ても、インタビューを見てもまったく言及されていないので真実は切り替えが始まってみないとわからない。ただし、過去のGoogleの検索事業提携の事例を見る限り、Googleとまったく同一の検索結果がセットが提供されたことはないという事実はない。したがって、今回も「ウェブ、画像、動画の自然検索データ」が供給された上で、Yahoo!JAPANの数々のカスタマイズが施される結果、Googleとは実質的に異なる検索結果のセットが表示される可能性は高い

|

« リスティング広告の配信対象外サイトに「アービトラージサイト・データベース」 | トップページ | Yahoo!検索は問題だらけのエンジンだった。やっぱりね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16060/49004302

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!JapanがGoogleと提携:

« リスティング広告の配信対象外サイトに「アービトラージサイト・データベース」 | トップページ | Yahoo!検索は問題だらけのエンジンだった。やっぱりね! »