« 2010年7月 | トップページ

2010年8月

「企業ウェブ、使い勝手の良さベスト100」の調査結果は興味深い。

「企業ウェブ、使い勝手の良さベスト100を公開!1位となったのは?」(RBB TODAY 2009/9/16)

トライベック・ストラテジーは16日、全15業界・100サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価した結果を、「主要企業Webユーザビリティランキング2009<企業サイト編>」として公表した。・・・・・

主要企業100サイトのランキングでは、「NTTドコモ」のサイトが1位となった。アクセス性、明快性、ナビゲーションの使いやすさなど、ほぼすべてのポイントが高評価で、バランスのとれている点が1位に結び付いたものと見られる。2位は「みずほ銀行」のサイトで、アクセス性が低いものの、サイト全体の明快性が高く評価された。3位の「三菱商事」はナビゲーションの使いやすさとコンテンツの適切性で高い評価を得た。以下4位「出光興産」、5位「三井住友銀行」となっている。

トライベック・ストラテジーでは、「忙しい中アクセスしてくれたユーザーに対し、サイト全体にどういったコンテンツやサービスが存在するかを明確に示しつつ、企業側のメッセージを効果的に伝えるという意味において、特にトップページの構成は重要なポイントになる」としつつ、「単なるイメージ訴求に大きなスペースを使用していたり、大量のお知らせや新着情報を掲載していたり、外部サイトか内部コンテンツか区別もつかないバナーがトップページに区画もなく並んでいるサイトが多く存在した」と指摘。企業側の事情を優先するのではなく、顧客のニーズを考慮してサイト構築・改善を行っていくことが重要だと、レポートで結論づけている。

引用した記事の最後の部分に重要な情報があるので整理してみました。

トラベリック・ストラテジーは、
「トップページの構成は重要なポイントである」と考えている。その理由は、
忙しい中アクセスしてくれたユーザーに対し、
①サイト全体にどういったコンテンツやサービスが存在するかを明確に示しつつ、
②企業側のメッセージを効果的に伝えるという機能があるからです。

トラベリック・ストラテジーが今回行った調査では、
100サイトのトップページで、以下のようなサイトが多く存在した。
①単なるイメージ訴求に大きなスペースを使用していたり、
②大量のお知らせや新着情報を掲載していたり、
③外部サイトか内部コンテンツか区別もつかないバナーがトップページに区画もなく並んでいる。

ホームページの「ユーザビリティ」は、運営者が最重視すべき事と思いますが、
大企業でも基本も知らない会社(担当部署)が多いようです。

有名な代理店を使い、お金をかけて作成しているはずなのにどういうこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい日本語で文章を書く (ウェブサイト 信頼性の基本)

中小企業のホームページでは、ビジターに「信頼感」を与えることが最も重要です。

ほとんどのビジターはその企業の製品はもちろん、会社も知らないのですから、
サイトの印象がすべてです。「いいかげんな会社だな」と思われたらアウトです。

ウエブのデザインはだれもが注目していて、関心も強いですが、
盲点はコンテンツの文章。

日本人なら、日本語の文章を正しく書けると油断しいてるのでしょうか?
企業サイトでたまたま見つけた変な日本文の例!

---------------------------------------------------------------
▼例1

Text_2
---------------------------------------------------------------
▼例2

Copy2_2
---------------------------------------------------------------
おかしな日本文、分かりにくい日本文のサイトは、企業の程度(?)を疑われます。
全員でチェックしましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料の3D cadソフト「cocreate」

Webの世界は本当にすばらしい。
金はなくとも、やる気のある人にチャンスと道具を与えてくれる世界です。

高性能の3D Cadソフト「Cocreate」が、なんと無料で手に入ります。
今や業界標準のSolidworksは単体で100万円はしますので、驚異的なことです。
独占的な3DキャドのSolidworksに対抗するには無料でまず導入させるしかない?

ともあれ導入をためらう中小企業にはありがたい。

操作を学ぶためのガイドも用意されていて、これだけで一応独習が可能です。
Solidworksとのファイル互換性は不明ですが、独立系のメーカーなら充分ではないでしょうか?

ダウンロードはこちらから。もちろん日本語環境です。

ウエブサイトやカタログで効果的なプレゼンテーションも可能になります。
すばらしいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜYahoo!JapanはGoogleと提携したのか?

なぜYahoo!JapanはMicrosoftではなく、Googleと提携したのか?
大きな謎ですが、その謎にもっとも腑に落ちる回答を見つけました。

遠藤諭氏(アスキー総合研究所)「ヤフーがグーグルと提携した3つの理由」です。日本のウェブの現状を的確に捉えた上で、Yahoo!の戦略を的確に分析してあります。ウェブビジネスの収益源は広告収入だということをしっかり踏まえている。

詳しくは本文を読んでいただくとして、結論だけ以下に引用しよう。
①(Yahoo!Japanにとって)検索エンジンは、Bingでもグーグルでもよかった(もちろん米ヤフーがBingなのでBingのほうが妥当性はあるように見えるが)。
②(Yahoo!Japanは)「広告主」のことを考えるとアドセンスがほしかった。
③(Googleは).「ヤフーオークション」「ヤフーショッピング」「ヤフー知恵袋」のデータをグーグルからもフレッシュな状態で検索できるようにしたかった。
④(Yahoo!にとって)「リアルタイム」と「スマートフォン」の時代に、敵(グーグル)と組んででも戦わなきゃいけないのが今だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ