カテゴリー「7:Microsoft Office Liveについて」の記事

Microsoft Office Live 作成事例 Vida Rosa com

Microsoft Office live を使って、さっそく会社ホームページを作成しました。
オフィスライブの実例は、まだ少ないので、ご参考になれば幸いです。

Vidarosacom

Vida Rosa.comというインテリアアクセサリーショップサイトです。
このサイトは楽天Vida rosa Shop への導入サイトという位置づけです。
(楽天外部から、なんとかお客さんを集めないと!)

ファショングッズを扱うサイトの作成には、Office Liveの機能では確かにもの足りない。
と決め付けるのは簡単です。しかし、サイトがいまいちなのは

デザイナーとしてのセンスが基本的に不足しているのと、
道具として、まだ使いこなしていないから、ということも多いにあります。

硬い会社のホームページなら、オフィスライブは機能的に全く不足ありません。

ともあれ、オフィスライブは簡単にビジネスサイトが作れることは間違いありません。
また、自社ドメインとメールアドレスが取れるのも、大きな魅力ですね。
そのことは、よく分りました。皆さまもぜひお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoft OfficeLive プロの評価は?

2006年12月からβ版で提供開始されたOfficeLive。日本でどのように評価されているか、ネットで調べると以下のような記事が見つかります。

ソフトバンク ビジネス+IT無料で独自ドメイン取得「Microsoft Office Live」ベータ版利用の手引き

この記事はOfficeLiveの概要を分りやすくまとめてあるので大変参考になります。後半の「無聊のBasicsを試してみる」での結論は、

前例がないサービスということで高く評価して良いのではないかと思う。 少なくとも無料のブログサービスで自社のホームページを兼ねているような小規模な企業にとっては今すぐ乗り換える価値のあるサービスである。

具体的な指摘は
①Word感覚でWebサイトの作成が出来ると、操作の簡単なことはよい。
②テンプレートをカスタマイズ・追加する機能がない点は不満。
③メール送信フォーム、表組みなどがボタン一つで簡単に作成できる点はよい。
④一番使えると思われるのは、独自ドメインのウェブメール機能。

●@IT>無料ドメインにメール、「Microsoft OfficeLive」を忘れていないか

OffceLiveがGoogle Appsの影にかくれ、忘れ去られようとしているが、実際には高い可能性があると指摘している。

ポイントはWebサイトを構築する方法。Office Liveは3タイプともWebサイトを構築するツールが用意されていて、WebブラウザだけでWebサイトを構築できる。・・・・・標準ツール「Office Live Site Designer ツール」はAjaxベースのインターフェイスを備え、最新のOffice 2007と同様にWebサイトのテーマやスタイルを選ぶだけで、テンプレートが適用され、簡単にページを作成できる。テーマは企業の業種別に分かれていて、関連する画像も用意されている。動的なWebサイトや凝ったデザインは難しいが、「会社の看板」的なWebサイトなら簡単に対応できるだろう。

実際に作成してみてのこちらの評価も

実際に使ってみて最も価値があると思えたのは無料のドメイン名取得とそのドメイン名を使った電子メール利用だった。中小企業にとっては無料で自社ドメイン名の電子メールアドレスを運用できることになり、メリットは大きい。

Webサイト構築は、Office Live Site Designer ツールは確かに高機能だが、作成できるページが限られる。フリーのBasicsでは動的なコンテンツや別のツールで開発したコンテンツをアップできないなど自由度が低いのも気になった。・・・・・中小企業とはいえ、最新技術を使ったネットサービスを展開する企業はたくさんある。自由度がもっと高いとユーザーの支持を集めるのでは、と思った。

どうやら評価は、
「破格の無料ウェブサービスであり、独自ドメインのメールサービスは特に魅力的。しかし、Office Live Site Designer ツールは確かに高機能だが、自由度が低いので作成できるページが限られる。したがって、利用企業は限られるだろう。」

日本のウェブサイトのプロ(?)は、自動車評論家や、カメラ評論家に似ています。提供者のサービスコンセプトとは関係なく、革新的な技術や高性能、高機能に注目し、評価しがちです。

私もこのオフィスライブでサイトを作成してみました。その上での評価は?次回の記事から取上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OfficeLiveでWebサイトを開設すべき 5つの理由!

Microsoft OfficeLiveサイトにある「関連記事と活用法」には有用な情報があります。

現在 Webサイトを開設すべき 5つの理由
オンラインでブランドを確立する 5つの簡単な方法
マーケティングに必須の上位 3ツール
Webサイト管理術

とくに「Webサイトを開設すべき5つの理由」は、開設に躊躇している、小規模企業の経営者に、有用です。(訳があまりよくないのが残念です)そのエセンスを引用すると、

最小規模の企業でも、Web サイトを持つことで得られるメリットは数多くありますが、ここでは重要なものを 5 つだけ挙げます。

■1認知: 商品やサービスを探すために Web を利用する消費者がますます増えてきているので、こういった消費者があなたの会社を探し当てるようにするには、Web にサイトを構える必要があります。

■2対象にできる顧客範囲: Web サイトがあれば、店舗から物理的に近くにいる顧客ベースに縛られることはありません。事業所がボストンにあったとしても、顧客はバンコクにいるということが可能です。

■3カスタマ サービス: 顧客が Web サイトにログオンして、必要なときに必要な情報を簡単に見つけられると、顧客満足度が向上します。

■4競合: 本格的なデザインの Web サイトは、小規模企業がより規模の大きい企業と競合する場合、障害を取り除くことができます。また、これは、ゲームにとどまるための方法でもあります。消費者があなたのビジネスを Web で見つけられなかったとしても、競合のサイトを見つけられる見込みはあります。

■5信用: 顧客、パートナー、社員候補、投資家に Web サイトを案内できれば、本格的な事業を営んでいると思われます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoft OfficeLiveで会社ホームページ作成

あのマイクロソフトが、Web2.0な無料サービスを昨年12月から始めています。

Microsoft OfficeLiveです。

Officelive_1

中小企業、事務所、SOHO向けに、マイクロソフトがなんとも太っ腹なプレゼントです。

OfficeLive Basics βでも
・独自ドメインとウェブホスティングサービス(500MB)が無料!
・Webサイトデザインツールで、誰でも自社サイトが作成更新できる!
・メールアカウントを無料で25個持てる!

これでもう、「自社サイトをもてない」という、経営者のいかなる理由もなくなりました。
マイクロソフトはもっと宣伝すればいいのに!


| | コメント (0) | トラックバック (0)