カテゴリー「1:企業ホームページ作成の要点」の記事

「企業ウェブ、使い勝手の良さベスト100」の調査結果は興味深い。

「企業ウェブ、使い勝手の良さベスト100を公開!1位となったのは?」(RBB TODAY 2009/9/16)

トライベック・ストラテジーは16日、全15業界・100サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価した結果を、「主要企業Webユーザビリティランキング2009<企業サイト編>」として公表した。・・・・・

主要企業100サイトのランキングでは、「NTTドコモ」のサイトが1位となった。アクセス性、明快性、ナビゲーションの使いやすさなど、ほぼすべてのポイントが高評価で、バランスのとれている点が1位に結び付いたものと見られる。2位は「みずほ銀行」のサイトで、アクセス性が低いものの、サイト全体の明快性が高く評価された。3位の「三菱商事」はナビゲーションの使いやすさとコンテンツの適切性で高い評価を得た。以下4位「出光興産」、5位「三井住友銀行」となっている。

トライベック・ストラテジーでは、「忙しい中アクセスしてくれたユーザーに対し、サイト全体にどういったコンテンツやサービスが存在するかを明確に示しつつ、企業側のメッセージを効果的に伝えるという意味において、特にトップページの構成は重要なポイントになる」としつつ、「単なるイメージ訴求に大きなスペースを使用していたり、大量のお知らせや新着情報を掲載していたり、外部サイトか内部コンテンツか区別もつかないバナーがトップページに区画もなく並んでいるサイトが多く存在した」と指摘。企業側の事情を優先するのではなく、顧客のニーズを考慮してサイト構築・改善を行っていくことが重要だと、レポートで結論づけている。

引用した記事の最後の部分に重要な情報があるので整理してみました。

トラベリック・ストラテジーは、
「トップページの構成は重要なポイントである」と考えている。その理由は、
忙しい中アクセスしてくれたユーザーに対し、
①サイト全体にどういったコンテンツやサービスが存在するかを明確に示しつつ、
②企業側のメッセージを効果的に伝えるという機能があるからです。

トラベリック・ストラテジーが今回行った調査では、
100サイトのトップページで、以下のようなサイトが多く存在した。
①単なるイメージ訴求に大きなスペースを使用していたり、
②大量のお知らせや新着情報を掲載していたり、
③外部サイトか内部コンテンツか区別もつかないバナーがトップページに区画もなく並んでいる。

ホームページの「ユーザビリティ」は、運営者が最重視すべき事と思いますが、
大企業でも基本も知らない会社(担当部署)が多いようです。

有名な代理店を使い、お金をかけて作成しているはずなのにどういうこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい日本語で文章を書く (ウェブサイト 信頼性の基本)

中小企業のホームページでは、ビジターに「信頼感」を与えることが最も重要です。

ほとんどのビジターはその企業の製品はもちろん、会社も知らないのですから、
サイトの印象がすべてです。「いいかげんな会社だな」と思われたらアウトです。

ウエブのデザインはだれもが注目していて、関心も強いですが、
盲点はコンテンツの文章。

日本人なら、日本語の文章を正しく書けると油断しいてるのでしょうか?
企業サイトでたまたま見つけた変な日本文の例!

---------------------------------------------------------------
▼例1

Text_2
---------------------------------------------------------------
▼例2

Copy2_2
---------------------------------------------------------------
おかしな日本文、分かりにくい日本文のサイトは、企業の程度(?)を疑われます。
全員でチェックしましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料の3D cadソフト「cocreate」

Webの世界は本当にすばらしい。
金はなくとも、やる気のある人にチャンスと道具を与えてくれる世界です。

高性能の3D Cadソフト「Cocreate」が、なんと無料で手に入ります。
今や業界標準のSolidworksは単体で100万円はしますので、驚異的なことです。
独占的な3DキャドのSolidworksに対抗するには無料でまず導入させるしかない?

ともあれ導入をためらう中小企業にはありがたい。

操作を学ぶためのガイドも用意されていて、これだけで一応独習が可能です。
Solidworksとのファイル互換性は不明ですが、独立系のメーカーなら充分ではないでしょうか?

ダウンロードはこちらから。もちろん日本語環境です。

ウエブサイトやカタログで効果的なプレゼンテーションも可能になります。
すばらしいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!検索は問題だらけのエンジンだった。やっぱりね!

SEMリサーチの解説記事は貴重です。

BTCでは実感8割の検索シェアをもつヤフー。
批判めいたことを書くと、どんな検索結果の操作をされるか、怖くて
ウェブビジネスの関係者はとても公の場では発言できなかったと思います。

今回のYahoo!JapanとGoogle提携があったので、「安心して」、
専門家によるYahoo!検索の「欠陥ぶり」が公に指摘されたと思う。

▼以下は記事の引用です。(技術な内容はさっぱり理解できません)
----------------------------------------------------------
まずSEOにおいては、サイト管理者にとってうれしい知らせだろう。
なぜなら、最近のYahoo!検索は、

(1) rel=canonicalを指定した時の処理が適切に行われない
(2) 一般的な正規化処理が正常に行われない
(2) リダイレクト処理時の評価転送に不具合がある
(3) リダイレクト処理そのものの不具合
(4) 全般的にブラックハットな最適化手法に脆弱な検索アルゴリズム技術
(5) 明らかに検索システム側の不具合によると思われる、突然のインデックスからの消滅など、インデックスにかかわる問題(e.g. トップページが突然消滅する)
(6) インデックスが遅い。話題性の高いキーワード検索を行った際に、トピカルなページが表示されるまでの時間がGoogleと比較して数時間単位で遅れている(フレッシュネス(鮮度)の問題)
(7) 一部のキーワードにおいて順位が完全固定化されている

など、他社の検索エンジンではあまり見られない不具合が少なくない。検索技術がGoogleに変わることによって、上記の問題はいずれも解消されるため、しょうもないことに悩む時間も減りそうでうれしい限りだ。

なお、Googleにおいては、巷でいう「Yahoo!SEO対策」で話題に上るような、小手先のリンク構築テクニックの多くは通用しない。手段も選ばず、ブラックハット手法を中心に展開してきた一部のSEO業者にとってはつらいニュースかもしれない。
----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!JapanがGoogleと提携

2010年7月27日は日本のウエブ史に残る重要な日になりました。
Yahoo!Japanが再びGoogleと手を結ぶとは、全く意外な展開。驚いた!

こうなったら、関心はただひとつです。
Googleの検索順位は、Yahoo!Japan検索に「色付け」なしで表示されるのか?

両者のプレスリリースを読むと、「Yes」のように私は読めます。
確かな情報が欲しい。実際に稼働し、画面表示されるまで誰もわからないかな?


Googkeプレスセンターの記事
「Yhoo!JAPANのより良い検索と広告サービスのために」
の引用

ヤフー株式会社は、Google が日本国内で最も速く、最も先進的であると自信を持つ検索技術を利用者に提供できることになります。これに加え、ヤフー株式会社はオークション、ショッピング、知恵袋といったコンテンツを Google の日本語の検索結果に加えられるように提供します。これにより、双方のサービスは一層充実し、効果を増大させることができます。

ヤフー株式会社は Yahoo! JAPAN のサイト上で、自身のユーザー向けにフィットするように、Google の検索サービスをカスタマイズして検索サービスを提供することが可能です。これは Yahoo! JAPAN のサイト上で検索サービスがどのような外観になり、利用者がどのように検索を体験できるかといったことも含まれます。その結果、利用者は Yahoo! JAPAN のサイト上で、引き続きGoogle のサイト上とは違う体験をすることができると考えられます。 (太字は筆者)

Yahoo!JNプレスリリース「Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について」によれば、

検索サービスにおいて使用している「検索エンジン」と、「検索連動型広告配信システム」をGoogle Incのエンジンおよびシステムに切り替えることに決定いたしました。

Yahoo! JAPANの人気のあるコンテンツはそのサービス上にそのまま残ります。下図のうち、本件により影響を受けるのは、ウェブ検索結果の表示に必要な検索エンジン部分と検索連動型広告の表示に必要な配信システムの部分のみです。

S0727a

もし、Googleの検索順位がそのままYahoo!Japanに反映されるのなら、
ウエブ管理者は恣意的とも思える検索結果に悩まされずにすむようになります。
枕を高くして眠ることができますね。

▼こちらの記事が参考になります。
Yahoo!JAPANと米Googleの提携 雑感

■2010/7/30追加
SEMリサーチの解説記事から引用。

①米国でのYahoo!同様に、検索結果のUIはヤフーがコントロールし、バックエンドをGoogleが担当する。従って、自然検索結果はGoogleと同等になる一方で、外観はヤフー独自のものが採用されることになる。検索"サービス"はヤフーが開発、検索"エンジン"はグーグルが担当、という意味だ。同社の強みである、オークションやショッピング、知恵袋といった独自の編集コンテンツの結果は、Googleの検索結果に統合して表示されるようになる。

②さて、問題は今回のYahoo!JAPANへのGoogle検索エンジン提供が、Googleのどこまでの検索結果セットを含むかが。これは公式発表資料を見ても、インタビューを見てもまったく言及されていないので真実は切り替えが始まってみないとわからない。ただし、過去のGoogleの検索事業提携の事例を見る限り、Googleとまったく同一の検索結果がセットが提供されたことはないという事実はない。したがって、今回も「ウェブ、画像、動画の自然検索データ」が供給された上で、Yahoo!JAPANの数々のカスタマイズが施される結果、Googleとは実質的に異なる検索結果のセットが表示される可能性は高い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メイリオ」をウェブ制作に生かすには?

「メイリオ」(Meiryo)は和文・欧文をディスプレイ上で美しく調和して表示することができる。WinVistaから標準フォントになって、やっとMac並になった。

しかし、ブラウザのIEは7でも8でも初期設定は「MS-Pゴシック」のままだ。
ほとんどのユーザーは設定を変えるようなことはしない(できない?)ので、
VISTAや7でもあいかわらず、ギザギザの「MS-Pゴシック」の表示される。

ウェブサイトの提供者として、メイリオにどのように対応したらいいのだろうか?
という問題を考えてみた。

まず、ウェブサイト制作にあたり以下を前提とする。
①ほとんどのユーザーが初期設定のままで使っている。変更を強いることはできない。
②OSはXPユーザーが7割、VISTA・7ユーザーが2割とし、こちらを重点に考え
 その他1割の方には多少がまんしてもらう。
③使われているブラウザはIE6、7,8が9割で、こちらを重点に考える。
 その他は1割の方には多少がまんしてもらう。

試行錯誤は割愛し、私のとりあえずの結論だけ以下に述べます。
まず、以下の画像をみてほしい。

▼フォント:MSゴシック・大きさ:標準・行間:120%
Msglh120

▼フォント:MSPゴシック・大きさ:標準・行間:120%
Mspglh120

▼フォント:メイリオ・大きさ:標準・行間:120%
Meiriolh120

まず、現在ネットで標準で表示されている3つのフォントを比較してみよう。
①MSゴシックは等幅フォントで、字体が細く、字間が広くて散漫な印象になる。
②MSPゴシックはプロポーショナルフォントで、字体は細いが、字間が詰まって読みにくい。(標準(12ポイント程度)では字間を1ポイントほど広げたいところだ。)
③最新のメイリオは、ディスプレイ上での読みやすさを考えたフォントだけあって
 可読性は一番よい。

次に、行間の比較である。
①MSゴシック、MSPゴシックともに行間を指定しないと、行間0になる。これでは
 かなり詰まってしまい、可読性がかなり悪い。行間120%でかなりよくなる。
②メイリオは、初期設定のままでも行間が広い。(行間120%程度)これで、
 行間指定をしたらどうなるのだろうか?と心配したが、行間120%でも変化なし。

結論として、以下のようにスタイルシートで指定すれば、
大抵のOSとブラウザで問題が少なく、可読性よく表示できるだろう。
●フォントは、第一を「メイリオ」、第二を「MSPゴシック」に指定する。こうすれば、
メイリオよりもPゴシックのほうが字体が狭いので、メイリオでのレイアウトが大きく崩れることはない。(改行されてレイアウトが崩れることがほとんど)
●行間を120%で指定する。これで、メイリオでもMSPゴシックでもほとんど同じ高さになる。MSPゴシックでも読みやすく、フォントの違いによるレイアウトの崩れも最小限に抑えられる。

ご参考に:ウインドウXP上で「メイリオ」フォントを使う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教えてGoogle (なぜインデックスされるの?)

検索エンジンの検索結果に反映される必要条件は、次のとおりだと思っていました。
該当ページにテキストで検索語が記述されていること

だから、もし該当ページにテキストで記述した検索語がなければ、
その検索語による検索リストに表示されることはない。と信じていました。

ところが、その「信念」を覆す事実をみつけて、戸惑っています。
教えてGoogle。なぜこのページがインデックスされているの?

▼Google「電動ウインチ」の検索結果(2009/9/14)
Winchlist20090915

「電動ウインチ」検索結果に「ウインチ|トーヨーコーケン株式会社」が
6位にリストされています。

ところがこのページ、「ウインチ」というテキストはもちろん存在します。しかし、
表示画面ではもちろん、ソースコードにも「電動」というテキストは存在しません。

いったいどうやったら、エンジンに「電動ウインチ」と認識させることができるのでしょう?
しかも、こんな上位にリストされるなんて。すごいテクニックです!

私の知識をもってしては、なんとも理解不可能な現象です。
敬愛するSEO塾さんならわかるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロスレコメンドのSEO効果は実証済みか?

ディレクトリ登録サービスのクロスレコメンドは、登録効果をうたうページがあり、
アフィリエイトサイトのほとんどはその内容をコピーしているだけです。

クロスリコメンドは以下の効果をうたっている。

Untitled
A1

多数の大手ポータルサイトに掲載されることはそのとおりですが、
クロスリコメンドは以下のことを、きちんと実証してほしいですね。
①掲載されたカテゴリページからアクセスがあること。
②優良な被リンクを獲得できること。
③この対策費用とはSEO対策費用であること。

▼「SEO効果も実証済み」という根拠に、こんな無意味な調査データをあげるのは
 子供だましとしてもお粗末としかいいようがありません。
A2

「SEO効果は実証済み!」というのは、ほとんど詐欺的なコピーです。
クロスリコメンドのSEO効果はこの調査データから決して実証されていません。

それどころか、SEO効果は原理的にもほとんど見込めないし、
実際にワタシがサイト登録してみてそのことが証明されました。

クロスリコメンドに登録するかどうか悩んでいる人に参考になれば幸いです。
(2009/7/30現在)

| | トラックバック (0)

クロスレコメンドのSEO検証その1 (ディレクトリ登録)

ディレクトリ登録サービスのクロスレコメンドはこのブログをご覧になっているような方ならご存知だと思います。

同様なディレクトリ登録サービスのYahoo!ビジネスエクスプレスのSEO的効果については間違いない。これは自身が登録したサイトでの経験と、SEO識者の意見を総合していえることです。

①Yahoo!検索に関しては、大きなSEO効果がある。
②効果があるのは、登録する「サイトタイトル」と参考「説明文」に含まれる単語。
③以上のことから、ビジネスサイトでは主要キーワードで登録は必須。

しかし、クロスレコメンドのSEO効果については、あやふや・あいまいで確実な情報に欠けているのが現状です。確実なことは以下のとおり

①Yahoo!を除く大手ポータルサイト(11程度)のディレクトリに登録される。
②登録されるカテゴリは相当下層のページにあり、ページランク「0」がほとんど。
③ポータルサイト自体は外部リンクとして優良リンクであることは間違いないが、このような下層にあって期待できるような効果が得られるのかは疑問。
④そこで、SEOの識者は、安全な外部リンクを一挙に獲得する手段と割り切れと書いています。つまり、登録をしないよりしたほうがましというアドバイスです!
⑤こんなことは理論的に当たり前のことです。書いたSEO識者は実際に登録した経験に基づいていない?
⑥実際にクロスレコメンドに登録し、そのSEO効果を検証した記事は、1つしかありませんでした。こちらの管理人の方の報告では「効果はない」でした。
⑦なお、クロスレコメンドで検索してヒットするほとんどサイトは、JANetが提供するアフィリエイトがらみです。つまり、ちょうちん記事ですから注意が必要です。(一件成約すれば\10,500の収入)

以上は、クロスレコメンドのSEO効果に関する確実なところです。これは、筆者が最近、新規にアップロードしたサイトが競合の激しいキーワードで苦戦しているため、必要にせまられ調べた結果です。

次回は、実際に筆者がクロスレコメンドに登録したサイトについてご報告しようと思います。かなり貴重な情報だと思いますので、ご期待を!

| | トラックバック (0)

Google Chrome。新しいブラウザは?

2008年9月3日からGoogleの新しいブラウザChrome(クローム)β版がダウンロードできるようになりました。

Dlpage_lg

こちらにChrome開発者のインタビュー記事があり、開発意図がよくわかります。

さっそくインストールしてみました。
なるほど評判どおり、表示が極めて速い!
画面がすっきりしていて、洗練された操作性を売り物にしています。
(少し慣れが必要です)

ウェブ制作に携わるものとしては、ページの表示が崩れないか気になるところです。
現在アップロードしているサイトについては、IE7と同じように表示できました。

ところが、CSSを使った制作中のサイトでは、CSSが機能せず、表示が崩れてしまいました。β版ゆえのバグなのか、気になります。

そのほかに気づいた不満は、IE7から印刷をページ幅に合わせて自動縮小する機能がないことです。

良いと思われるところは、このブラウザはタブが独立していてブラウザ全体がダウンしにくいという点です。(IE7はすぐダウンしてしまい、閉口します)

軽くて頑丈という、2.0時代のブラウザの基本を示したクローム。
Microsoftは危機感をもって対応するでしょう。
ユーザーにとっては競争することでウェブ環境が進化するのは大歓迎です!

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧